彩の間

【閲覧注意】検索してはいけない言葉を検索してみた

9

【閲覧注意】検索してはいけない言葉を検索してみた

世の中には「検索してはいけない言葉」なるものが存在する。

その言葉がどのくらい危険なのかを世間の皆様方にお教えする為、一人の彩芸人が派遣された。


超ビビリ芸人
チョコレートプラネット 松尾駿である。

何とも余裕の表情

彼はこの後待ち受けている恐怖をまだ知らないのであった・・・

慣れないパソコンを使い、早速検索を開始…

「えー、もう、嫌だなぁ・・・」

今回検索した言葉はこちら

「物件画像」
不動産屋の物件紹介画像にこの世の物とは思えないものが写りこんでしまい、現在は物件写真から問題の6枚目だけが外されている。

「ウォーリーを探さないで」(動画)
あの有名な「ウォーリーをさがせ」の絵本の画像が流れるが、絶対にウォーリーを探してはいけない。

「韓国 漫画」
「ボンチョンドンお化け」という韓国の実話に基づいた都市伝説を漫画化したもの。その漫画を見てしまった人は・・・



この「検索してはいけない言葉」を検索してしまった松尾氏は…

「はっ!!!!」

「もぉーーーーー」

「をぉうっ!」

「もーやだよぉー!」

「うわぁー!うぅをぉあっ!」

以上のようなリアクションが、今回検索した言葉で見られた。
いくらビビリ芸人の松尾氏でも、サラサラヘアーが舞う程驚くというのはかなりの危険度がある証拠。


検索を終えた松尾氏は…

「怖かったのでもうやりたくないです。もう呼ばないで下さい。ありがとうございました」

そうスタッフに告げ、青ざめた表情のまま去って行った。

その後、松尾氏の姿を見た者はいない…(嘘)



もし検索することにより何か起こっても、自己責任でお願いしたい。
読者の無事をお祈りします。