彩の間

彩・大辞泉〜愛編〜

言葉の新しい定義を考える大辞泉。言葉を操るプロの芸人に考えてもらいました。

5

彩・大辞泉〜愛編〜

辞書の大辞泉が一般公募からさまざまな言葉の語釈(意味)を募集していると聞きつけ、

今回我々は彩芸人を呼び出し、彼らなりの言葉の語釈を考えて頂いた。

ちなみにすでに応募済み。そして優秀作品に選ばれるとなんと本当に大辞泉に載るのです!

※10月31日でこの募集は終わっております。


そして今日は『愛』の新しい定義を3人の芸人に考えていただきました!


まずは、この方…!!

西村ヒロチョです!!!

きりっとした凛々しい表情で登場!!

ロマンティックの伝道師、西村ヒロチョ!愛を知り尽くしたヒロチョは”愛”をどのように伝えてくれるのか!?


さっそく考えていただきました。

ヒロチョ「いつも通りでいいんですよね?」

それだけ確認して、ヒロチョの愛は走り出した!

丁寧に文字にしていく。その姿に愛を感じたのは言うまでもない。


どうぞ、ヒロチョの愛をご堪能あれ!!

 ヒロチョ「いつも言ってることですけど大丈夫ですか?」

ロマンティックが度を超えてますね!できることなら曲にしたい!

愛【名詞】…みんなの心の中にあるのに誰もが外側に求めてしまうぬくもり

冬にちょうどいい言葉をありがとうございます!何より心が温まるそんな言葉ですね!!


続いては、この方!!

スパイク・松浦志穂

親族にいたらと思うとゾッとする風貌で登場!!

愛の初心者マークをつけた松浦は、どのような言葉で”愛”を綴ってくれるのか!?


さっそく考えていただきました。

松浦「………愛。」

この状態で3分は固まっていました。

満を持して書き出す松浦。


愛の初心者の”愛”とは!?

 松浦「できました〜!」

声高らかに発表してくれました!

すごくわかりやすいですけど、すごく安っぽいですね、、、

 愛【名詞】…この人の為なら命を捨てれると思えるほどの感情

中学生のときに聞いたら、おぉ〜ってなりそうな、そんな言葉ですね。


最後は、この方!!

かたつむり・林大介です!!!

オシャレにやや上目遣いで登場!

愛の塊と揶揄される彼は、いったいどんな言葉で”愛”を表してくれるのでしょうか!?


さっそく考えていただきました。

「愛ね〜。」

感慨深げに一言。そして、すぐにペンを走らせた。

溢るる愛のごとく、スラスラと書いていく!

 

はたして、林の”愛”とは!?

「まぁ、こんな感じですかねぇ〜。」

さすが愛の塊!!見事な表現です!愛は、涙の中にあったんですね!

愛【名詞】…嬉しくて流す涙 悲しくて流す涙 全ての流れる涙の主成 分。

正直そのまま、がくに飾りたい!!そんな言葉ですね。


さらに続けて”愛”でもう一つ。

 かすかに笑みを浮かべながら書き始めた。愛がとまらない!!!


林の愛、いかに!

「どうですかね?」

思わずそっと目を閉じてしまいました。確かにそこに愛はありました。

 

【名詞】…目を閉じると頭に浮かんでくる人や物に対する感情。

早くこの言葉を、あたかも自分が考えたかのように誰かに伝えたい!!そんな言葉ですね。


そこのあなたもあなたなりの”愛”を考えてみてはいかがでしょう!

 

以上、彩・大辞泉でした〜!

次回もあるテーマについてある芸人さんに考えていただきます。

乞うご期待!!!