彩の間

彩・大辞泉〜萌え編〜

言葉の新しい定義を考える大辞泉。言葉を操るプロの芸人に考えてもらいました。

3

彩・大辞泉〜萌え編〜

辞書の大辞泉が一般公募からさまざまな言葉の語釈(意味)を募集していると聞きつけ、

今回我々は彩芸人を呼び出し、彼らなりの言葉の語釈を考えて頂いた。

ちなみにすでに応募済み。そして優秀作品に選ばれるとなんと本当に大辞泉に載るのです!

※10月31日でこの募集は終わっております。


そして今日は『萌え』の新しい定義を3人の芸人に考えていただきました!


まずは、この方…!!

横澤夏子です!!!

全く萌えないポーズ・衣装・笑顔で登場!

横澤が言うことがあっても、絶対に言われる事のない言葉”萌え”をどう表現してくれるのでしょうか!?


さっそく考えていただきました。

横澤「・・・萌え。」

少し考えた後、小さく萌えとつぶやき書き始めた。

漢字をスマホで調べながら書く横澤。

そんなに難しいことを書こうとしているのか!?


はたして、横澤の”萌え”とは!?

横澤「どう?」

どう?って言われたら、ちょっと顔が腹立ちます。

てか、どの漢字を調べてたんですか?

萌え【名詞】…男は燃える。女は萌える。

深く考えるとよくわからないですが、キャッチコピーのような収まりの良い言葉ですね!!

 

続いてはこの方…!!

パンサー・菅良太郎です!!

 

萌え要素ゼロの凛々しい表情で登場!

萌えから最もかけ離れた漢、菅。彼の中の”萌え”とは、いかなるものなのか!?


さっそく考えていただきました。

「萌えですね。」

意外にもすぐに書き出す菅。

スマホを片手に表情を一切変えず、ただただ淡々と書いていく。


はたして、菅の”萌え”とは!?

「できました。」 

スケッチブックの持ち方がクール!!

”萌え”の意味も管さんらしいクールで大人な表現に。

萌え【名詞】…恋と同義語に近いが、主に画面の奥に使われる言葉

本当にそのまま辞書に載っていても良さそうな言葉ですね。


最後はこの方…!!

トレンディエンジェル・須藤敬志(通称、たかし)です!!

いつものように、ハゲ頭にメガネで登場!

萌えを知り尽くした男の”萌え”とはいったいどんなものなのか!?


さっそく考えていただきました。

たかし「本当の萌えってこういう事なんですよ!」

・・・本当の萌え?ちょっとよくわからないですが、お願いします。

萌えの意味を自分なりの言葉でゆっくりと丁寧に綴っていく。

 

たかしの言う本当の萌えとは何なのか!?

たかし「これが萌えです!」

これぞオタク!!喜怒哀楽に次ぐ感情の1つとして捉えているのですね。

萌え【名詞】…萌えとは言葉ではない。感じるものだ。

オタクならではの重みのある言葉ですね。


そこのあなたもあなたなりの”萌え”を考えてみてはいかがでしょう!

 

以上、彩・大辞泉でした〜!

次回もあるテーマについてある芸人さんに考えていただきます。

乞うご期待!!!